役に立つ豆知識

ハードディスクの構造

ハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)は高い精密度が要求される、パソコンの心臓とも言える重要な一部です。一つのHDDは「外側のプリント基板」「内部にあるディスク(フラッター)」「スピンドルモーター」「磁気ヘッド」この4つの重要な部品から成り立ちます。

データ復旧肉眼では見えない磁性体粒子をアルミニウムやガラス等の素材で作られたディスクのサーフェスに塗布し、データをその磁性体粒子にスピンドルヘッドで書き込む精密記憶装置です。磁気データはディスクの上に1000分の1ミリ以下という非常に狭い間隔で磁気ヘッドに書き込まれます。


ハードディスクの磁気ディスクでは、磁性体粒子が正または負の電荷を帯びるため、数を二進法で表します。
磁性体粒子一つ=1Bit(ビット)
データ復旧8Bit=1Byte(バイト)
1Mb=1024 x 1024=1,048,576Byte
1GB=1,048,576 x 1,024=1,073,741,824Byte
100GB=107,374,182,400Byte x 8Bit =858,993,459,200 Bit (磁性体粒子)

(1Bitを用いて2通りの状態は一般に"0"、"1"と表記されます。Byteとは、欧文文字1字分の文字コードを表現します。コンピュータは情報の記憶や処理、伝達をByte単位で行うことが多いです。)

そのためパーティクルが厳しく管理されているクリーンルームという環境で生産されます。上記理由から、弊社はデータ復旧作業を同じ環境でしか行わない事を固く守ります。


データ復旧
また磁気ヘッドは「アーム」の先に取り付けられアームの適度なプレッシャーでディスク面に押し当てられます。その距離は僅か2nm程度しかありません。



データ復旧
ディスクの回転速度は主に一分間5,400回と7,200回になり、非常に高速にデータを記入していきます。回転時の安定性は高く要求され、少しの振動や衝撃で磁気ヘッドに変形などの損害が及び、ディスクに記録されているデータの致命的な傷害に至ります。
 
TOP